納得と安心のシミ取りを目指して

主な治療方法

治療を行った医者

シミを取り除いていくには、クリニックや美容外科を利用していくことが一番早いとされています。中でも、シミを取り除く方法としてよく使われるのがレーザーでの治療方法です。レーザー治療とは、簡単に説明すると肌にを照射してメラニンを取り除いていく方法になります。メラニンとは、シミの原因となっているもので、肌の内部に潜むものです。黒い色素で、シミとして表れるのもこのメラニンが関わっているのです。そのメラニンに直接作用して、色素を破壊していき、シミを取り除いていくのです。

レーザー治療は、シミ除去に驚くほど効果をもたらしてくれて、なんと1回の治療で照射されたシミを取り除いていくことが可能なのです。照射されるレーザーは、メラニン色素にしか効果が反応しないレベルに設計されており、周りの肌を傷つける心配も全くなく、安心して治療を受ける事が出来るでしょう。痛みもほとんどありません。治療をしたあとに肌質によっては1ヶ月から2ヶ月ほど赤みが残る場合がありますが、自然に消えていきます。この治療は、比較的起きやすい老人性色素斑や遅発性両側性太田母斑様色素斑に効果的とされていて綺麗に取り除いてくれます。自身のシミが、遅発性両側性太田母斑様色素斑か老人性色素斑に当てはまるのであれば、レーザーで取り除いていく治療法を選択していくと良いでしょう。

レーザーに似たようなもので注目されているのが、フォトフェイシャルと呼ばれるタイプのものです。通常のレーザー治療よりも照射範囲が広く、一度の治療で顔全体にシミ除去の効果をもたらす事が出来ます。シミを取り除くにも効果的で、しかも治療には時間が全くかからず、30分もしないうちに顔全体に施してくれるのが特徴です。痛みもまったく無く、レーザー治療よりも光の強さは弱く設計されているものが多いです。そのおかげで、化粧をしながら施術を受けることができ、そのまま帰宅することも可能になっている大変便利なものなのです。このフォトフェイシャルは、シミを取り除く以外にも、加齢によって起きがちなシワなども取り除いてくれるのです。若返り効果が非常に高いとして、女性から人気を集めている治療方法になっているのです。

他にも、レーザーなどの照射治療以外にシミを取り除く方法は存在します。近年注目を集めているのが、トレチノインゲル治療法というものです。このトレチノインゲル治療法は、ゲルに含まれる成分を利用してメラニンを肌から外に出すという仕組みになっています。細胞がどんどん押し上げられていき、じきにメラニン色素を外に追い出すという画期的な方法で治療を行っていきます。肌質によってはレーザー治療で赤みが強く出る人もいますが、この治療では光を照射することもないので安心です。

現代の女性は美意識が高いので、美容外科では様々な治療が開発されています。女性の加齢の原因と見られることのひとつとしてシミがあります。現在の美容外科では様々なシミ取りの治療法があります。そこで治療を受ける前に知っておきたい様々な治療法の注意すべき点について書きます。まずレーザー治療はレーザーを当てて焼きとる方法で、短時間で取ることが出来ます。この方法は広範囲のシミの場合は不向きです。ケミカルピーリングはフルーツ酸などの薬剤を塗って、古い角質を除去するという方法です。この方法は沈着してしまったシミの場合だと除去することが難しいです。フォトフェイシャルはIPLという光を当てて焼きとる方法です。レーザーよりも広範囲に使うことが出来ます。この方法は何度も繰り返して行う必要があるので通院をする手間や費用がかかります。このようにシミ取りの治療にはその方に肌の状態によって合うものと合わないものがあります。